View on GitHub

e3w2q.github.io

自作キーボード基板SU120の紹介

2020/04/07

SU120とは

su120

SU120は最大120キーまで拡張可能な自作キーボード基板です。

基板に添付のビスケットとM1.4ネジで自由なレイアウトを組むことができます。

e3w2q/su120-keyboard: Expandable keyboard with up to 120 keys

これまでは、ほしい方が基板製造業者に直接発注し、パーツ類も別途買い揃えるしかありませんでしたが、TALP KEYBOARDにてSU120の取り扱いが始まり、ほぼ週刊キーボードニュース #55でも取り上げていただきました。

SU120をおすすめするケース

SU120はいろいろな用途がありますが、それ故にどういう場合に使えばいいのか、なかなか想像しにくい部分があるため、設計者としておすすめできるケースを以下に記載します。

お手頃なマクロパッドやテンキーがほしい場合

sasami17-3

自作キーボードに興味を持ったときに、なかなか一気にお金をかけるリスクをとることが難しい場合もあると思います。私もそうでした。

SU120はできるだけ最低限の要素でキーボードとして成立するように設計していますので、一般的な自作キーボードの総費用と比較すると、お手頃な出費で組むことができます。

例えば、15キーマクロパッドのパーツをTALP KEYBOARDで揃える場合の総費用は以下のとおりとなります。

パーツ 商品ページリンク 数量 金額
SU120(マクロパッドセット) SU120(マクロパッドセット) 1セット 550円
Pro Micro Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz/MicroUSB2(互換品) 1個 550円
スイッチソケット Kailh PCBソケット(MXスイッチ用/10Piece) 2セット 300円
キースイッチ キースイッチ
5ピンのものを推奨
15個分 1,400円~
キーキャップ DSAキーキャップ
キーキャップセット
15キー分 660円~
Micro USBケーブル ケーブル 1本 300円~
送料     300円
    4,060円~

実際にSU120でマクロパッドを作られた例を紹介します。

補足:自作キーボードの価格について

市販の安いキーボードと比べると、一般的な自作キーボードキットの価格は高いように感じてしまう場合もあるかもしれません。しかし、部品費用、キッティング費用、試作費や研究開発費を考慮すると、決して高くはなく、むしろ安価な場合も多々あります。

SU120は基板ペライチですが、一般的な自作キーボードキットはケースなども含めて販売されており、打鍵感、見た目の美しさなど、製作者の工夫が詰まっています。

SU120を使って物足りなさを感じたら、自分にあったキットを探してみてください。もちろん、SU120をベースに改造いただくのも大歓迎です。

任意サイズのテンキーや格子配列キーボードがほしい場合

sasami32-2

テンキーを自作する大きなメリットは、入力されるキーを自由にカスタマイズできる点だと思っています。ファームウェアをカスタマイズすることにより、

などが可能となります。

また、自作キーボード全般のメリットでもありますが、スイッチやキーキャップを変えることでお好みの打鍵感や見た目に変更することができます。

いろいろなサイズの自作キットが販売されているので、合いそうなものがあればそれを買えばよいです

が、もしも自分のほしいサイズのものが見つからなくても、SU120で、好きなサイズ(コントローラー1つあたり最大6×10まで)のテンキーや格子配列(Ortholinear)キーボードを作成することができます。

SU120で格子配列キーボードを作られた例を紹介します。

一口に格子配列といっても、作る方によって全く違ったものができていますし、本当にどれも素敵です!

自分に合ったレイアウトのキーボードを試作する場合

su120rev4_negima43

SU120を設計した理由は、自分がend game(理想のキーボード)までいろいろ試行錯誤するために、手軽に自由なレイアウトを試せるキーボード基板がほしかったからです。

SU120はビスケットとネジでいろいろなレイアウトを組むことができますので、皆様のend game到達の過程においてお手伝いができるかと思います。

SU120を使用いただいたケースを2つ紹介します。

elephant42

完成したelephant42のキットは現在BOOTHのうさぎごやで販売されています。プロトタイプ版からさらに細かな部分の調整が行われ、洗練されています。

usagigoya_shop

製作者の@illness072さんはelephant42を常用しているらしいので、最短でend gameに到達するお手伝いができたといえるかもしれません。

colice

@jpskennさんが作られているcoliceというキーボードでもSU120が使われています。一度組んでしばらく使用された後にレイアウトを修正されていて、現在はv0.2です。

Aliceスタイルの分割キーボードの間にテンキーが配置されていて実用性が高そうです。

小ネタキーボードを作る場合

negima5

ちょっとした思いつきでキーボードが作りたくなったときに、基板設計や3Dプリンタ無しで、さくっと作れます!楽しいです!

kushi10

SU120の入手方法

現在はTALP KEYBOARDから購入する方法と、基板製造業者に直接発注する方法があります。

TALP KEYBOARDから購入

talp_keyboard_news

【ARRIVAL】SU120の販売を開始いたします

基板単体のほかに3種類のセットが販売されていますが、おすすめの買い方は以下のとおりです。

なお、セット版を買う場合でも、完成にはキースイッチなどのパーツが必要です。 以下に必要なパーツを挙げておきます。

パーツ TALP KEYBOARD商品ページ 遊舎工房商品ページ
Pro Micro Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz/MicroUSB2(互換品) Pro Micro (コンスルー付き)
※コンスルーは使いません
スイッチソケット Kailh PCBソケット(MXスイッチ用/10Piece) スイッチ用PCBソケット(10個入り)
キースイッチ
5ピンのものを推奨
キースイッチ Switches
キーキャップ DSAキーキャップ
キーキャップセット
Keycaps
Micro USBケーブル※ ケーブル USBケーブル Micro B 1m
自作ケーブルキット
TRRSケーブル※(分割キーボードの場合)   TRRSケーブル 1m
自作ケーブルキット

※コストを抑えたい場合はMicro USBケーブル、TRRSケーブル(AUXオーディオ接続コード)を100円ショップで調達する方法もあります。

基板製造業者に発注

Elecrow

これまでと同様にELECROW基板製造サービスから注文する方法もあります。

アップロードするガーバーファイルは以下の中から必要なものを使ってください。

概要 URL 寸法
基板 https://github.com/e3w2q/su120-keyboard/blob/master/pcb/su120-gerber.zip 99×99mm
汎用トッププレート https://github.com/e3w2q/su120-keyboard/blob/master/plate-pcb/su120-plate-gerber.zip 99×99mm
120キー格子配列分割キーボード用プレート https://github.com/e3w2q/su120-keyboard/blob/master/plate120-pcb/su120-plate120-gerber.zip 133×190mm

100×100mm以下の場合は、5枚も10枚も費用は変わらないので、10枚にするとよいかもしれません。

レジスト色はお好みの色を選択してください。

最後に

自作キーボードの楽しみ方のひとつに、工夫がこらされた製品を買って愛でたり、自分に合うキットを探したりする楽しみ方があります。

これとはまた別の楽しみ方として、SU120で基板ペライチから自作キーボードを始めてみたり、自分で好きなレイアウトを模索してみたりと、SU120が自作キーボードの楽しみ方の間口を広げるひとつの機会になっていればいいなと思っています。

自作キーボードを楽しみましょう!!

6key

一覧へ